トンネル

Photo

SIGMA DC 18-200

トンネルを読みました。

本の表紙に『ハリー・ポッターの後継者はこの本だ』と記載されていたので

つい買ってしまった。

ストーリーを簡単に説明…

主人公は色素欠乏症の少年。(ダヴィンチ・コードの修行僧シラスと同じ)

この少年と博物館館長の父がトンネル掘りが大好きでとても仲良し。

しかし、そんなある日に父が行方不明になってしまう。

何か事件に巻き込まれたのかと少年は父の部屋を調べてみると謎のトンネルを発見。

親友と一緒にトンネルを掘り進んで行くとそこには巨大なコロニーが…。

このコロニーは一体何なのか?父はここに居るのか?

と結構のめり込んでしまいました。

しかし、ハリー・ポッターのような細かい世界設定や遊び心はほとんどなく

ちょっと期待外れ。

最後は完全に中途半端に終わってしまったけど、これって続編があるのかな?

第一部とも続くとも書かれていなかったんだよね。

ちょっと不安…。

評価

続編があるなら★★★★(満点5つ)

これで完結なら★★(満点5つ)

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

トンネル 上 トンネル 上

著者:ロデリック・ゴードン,ブライアン・ウィリアムズ
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トンネル 下 トンネル 下

著者:ロデリック・ゴードン,ブライアン・ウィリアムズ
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クローズド・ノート 読みました

Photo

雫井脩介のクローズド・ノートを読みました。

読むきっかけは映画をやるから。

(ゆう伍長のきっかけはほとんどこれ)

内容は恋愛もので、冒頭からネタバレで

最後も予想通りだったけれどすごく引き込まれました。

主人公である香恵の天然さにとても好感がもてて

読んでいて楽しくて飽きなかった。

途中で万年筆の話しばかりになってしまい

『これって万年筆の本???』

と思ったところもあったけど退屈になるわけでもなく

最後には万年筆が欲しくなってしまった。

Photo_2

香恵愛用のデルタ ドルチェビータミニ

『数年後を見てみたい』と思うラストもいい。

俺も伊吹先生の書いた日記があったら読んでみたいな。

(限定で出版しないかな)

Photo_3

久しぶりに良い本読んだ。

クローズド・ノート クローズド・ノート

著者:雫井 脩介
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

評価 ★★★★(満点5つ★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリーポッター ブックカバーの楽しみ方

8271

ハリーポッターのブックカバーがやっと揃った。

映画が公開している不死鳥の騎士団まで。

秘密の部屋なんてピーク時はヤフオクで

6000円以上になってたからなぁ~。

復刻版出てくれて良かった。

8272

不死鳥の騎士団のカバーにはハーマイオニーが

ダンブルドア軍団全員に書かせた署名がある。

フレッドとジョージの双子でも書き方が違う。

こういう細かいところにこだわっているのが

ハリーポッターの良い所。

ポッタリアンなら、サインをじ~くり観察して

見るのも楽しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリポタ …あと1時間 …と1年

ハリーポッター最終巻発売まであと1時間

しか~し

それは原作(英語版)の話であって英語が読めない

ゆう伍長は日本語版が出るまで我慢です…。

多分日本語が出るのは約1年後…。

まだまだ先だよ。

それまで最終巻の情報を入手しないようにできるか不安…。

友達…。

TV…。

ネット…。

ネタを知っちゃったら読む気がなくなるもんな~。

あと1年気をつけないと。

J・K・ローリング オフィシャルサイトでハリポタのお勉強

| | コメント (1) | トラックバック (0)

次長課長 河本の本 一人二役 まずまず

一人二役 Book 一人二役

著者:河本 準一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

次長課長の河本準一の生立ちを、オカンとの関係を交えて語っている本です。

東京タワーのパクリ本かと思って買うのを避けていたけど、最近本を読んでいなかったので

買っちゃいました。

品川庄司の品川が書いたドロップ と、どちらを買うか迷ったけど、品川は性格悪そうだから

河本の本を。(何じゃそりゃ~)

内容もわかりやすいし、結構笑えるところもあってまずまず

いかにも河本が書いたような文面も嫌じゃないし、難しい言葉を使わず無理してないのもいい。

それぞれの話が短いのもチョコチョコ読むには良いかな。

バレーに、野球に、サッカーと色々なスポーツに関しての話はちょっと嘘臭いけど

読んで損はないでしょ~。

★★★(満点…5つ星)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲドを読む。ピンクが手に入らない。

Img_0569

『ゲドを読む。』4色入手した。

あとはピンクのみ

家の近くのローソンで『ゲドを読む。ありますか?』って聞いたら

『ATMはありません』って…。

再度『ゲドを読む。ありますか?』聞いたら

『今日は入荷してません。』

…明らかに『ゲドを読む。』を知らん。

切れそうになったので言うのやめた。

店員が『ローソンカードを作りますか?作ると…』って言ってきたから

間髪

『要らない。』

勝った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲドを読む。 青入手

Gedo

ゲド戦記のフリーペーパー『ゲドを読む。』の青を入手したぞ~。

全部で5色あるんだけど、どうも1店舗1色らしい。

あと4色探せるかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーンハート

ストーンハート読み終わった~

バーティミアスを出版した理論社だから期待したんだけどイマイチだった。

10点満点で5点かな。

普通に読んだんじゃ風景が想像できないし

ファンタジーに必要不可欠なドキドキ感が…。

1巻完結かと思ってたら2巻に続いてるし…

2巻を買うほど面白くないけど…

中途半端に持っててもしょうがないし…

バーティミアスくらい面白いやつ出ないかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市川ワールド

そのときは彼によろしく そのときは彼によろしく

著者:市川 拓司
販売元:小学館

Amazon.co.jpで詳細を確認する

『そのときは彼によろしく』映画でやるっていうから読んじゃいました。

『いま逢い』の世界に通じるものがあったな~。

映画が待ち遠しい~。

Sonokare_l http://www.sonokare.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)